自分でオリジナルのマンガやエッセイ・詩をつくっている方も多くいらっしゃるでしょう。このほかにも自分のブログをまとめたり、長年、撮りだめた写真を製本してみたい、記念に配ってみたい、って考えているかたがたも多くいらっしゃるでしょう。パソコンがずいぶんと身近な存在になり、手軽に自分の趣味に活用できたり自身を表現することも手軽になったことが大きな理由ではないでしょうか?ある程度、自分の作品がたまったなら、一冊の本や冊子にして、保存したり身近なひとたちに配布することもいい機会です。そんなときに業者がてがけている冊子印刷のサービスがおすすめです。以前はお店にもちこんで、カタログからデザインを選択して、印刷を注文。出来あがった冊子をまた引き取りに行かなければならない、っとかなり手間がかかるものでした。しかし、いまやインターネットサービスが普及しています。自宅にいながらデザインやカラーなどを選択し、冊子の印刷を注文することができます。また、できあった冊子を指定場所に配達するサービスもあります。また、冊子にするもののデータがパソコンなどでやりとりすることができるものであれば、なんと最短で翌日に受け取ることも可能なのです。記念に注文するのはいかがでしょうか?

日本で自分1人で出来る冊子印刷

「日本にいる間に済ませなきゃ!」と、私が冊子印刷に焦っていたのは、大学2回生のときのことでした。私はこのとき、留学を目前にしていて、それに向けての準備に取り掛かっていました。大学ではフードデザインを専攻していて、将来はレストランシェフを目指していたため、留学をして料理の勉強と経験を積むことを目的としていました。それにあたって、留学先でお世話になるレストランシェフの方に、自分がこれまで作ってきた料理やレシピを見ていただこうと、それを冊子にまとめることにしたのです。そこで私が取った方法は、コンビニで自分で冊子印刷を行うという方法です。印刷会社に注文をすることも考えたのですが、それでは時間とコストがかかってしまうと思い、自分でコンビニのコピー機を利用して行うことにしました。コンビニで行う冊子印刷は、2つに折ると小冊子にできるように印刷されるため、後は自分でホッチキスで留めることによって、簡単に作成することができます。私は留学先に持っていくために、日本にいる間にそれを済ませておく必要がありました。コンビニという、24時間いつでも利用できるところで行うことができたため、無事に留学までに間に合わせることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です